ウェブサイトの契約トラブルに対する技術的な支援

保守事業者と連絡が取れなくなってしまいドメインの更新ができない、サーバ内のデータを触ることができないなどのトラブルから、技術的なサポートのご依頼をいただくことも多くございます。

「契約トラブル」というと「悪質な契約」を連想させてしまいそうですが、「悪質なものへの対応」というよりは、「事故に近いものへの対応」が多くございます。
個人の方に依頼されていて、その方が就職されてしまい対応できないパターンが多いです。

ただ、相手がどうであれ、ご契約自体については当事者同士での解決が必要です。
弁護士等の法律の専門家にゆだねる場合はご案内も可能です。

事前に確認すること

  • 保守事業者が連絡先の変更、事業の譲渡、契約の移行をしていないか
    通知を見逃し、窓口が変わっている場合がございます。予めご確認ください。
    窓口が変更になっている場合はそちらでの解決が優先です。
    それでも保守事業者を変更したい場合はご相談ください。

  • ドメインの契約者、サーバの契約者の確認
    保守事業者側の設備であれば、それなりの手順を踏まないといけません。
    お客様名義で直接ドメイン、サーバを契約している場合、ドメインの契約の延長、サーバのバックアップ自体は可能なケースが多いです。
    ここで言う「お客様名義で直接ドメイン、サーバを契約している場合」というのは、保守事業者に対してではなく、ドメインレジストラ、ホスティング事業者に対して直接ということです。

  • サイト本体、コンテンツ(画像やテキスト)のライセンス、所有者の確認
    サイトの所有権は概ね契約書に記載してあると思います。
    コンテンツのライセンスに関しては、ストックフォトなどをお使いの場合は複雑です。

  • ドメイン、サーバの契約期限
    切れてしまうとドメインは他の方に取得されてしまう可能性があります。
    また、メールもサイトも利用できなくなります。
    その期限までにある程度解決するか、回避策を立てる必要があります。

以上を確認後、実施に移ります。

状況により、できることできないこと、手段、具体的なリスクは多岐にわたりますのでお困りの場合はお問合せください。

 

実際の事例

保守事業者の事業終了に伴う引継

CMSの保守事業を終了する事業者様からの引継での契約移行でした。
当事者で権利関係をクリアにした状態での移行でしたのでスムーズに移転しました。

 

保守業者がホスティングサーバを解約したことによる対応

保守業者がホスティングサーバを解約してしまい、ウェブサイトもメールも使えないという状況でのご依頼でした。
保守料、ホスティング料ともに別機器のリース料に上乗せされた状態での契約であり、すでにリースの解約は不可能な状態でした。

保守事業者(機器リースの販売店)は閉社扱いとなっており、リース契約の名目機器の保守のみ別事業者への移行となっておりました。

幸い、ドメインはお客様自身による取得、サーバ内のデータについては別の事業者による制作であったため対応することができました。

 

保守事業者の変更を重ねて保守契約が維持のみの契約に

保守業者にウェブサイトのコンテンツの変更の依頼ができなくなってしまったためのご依頼でした。
長い年月ウェブサイトを運営している過程で事業の買収による移転が何度も起こり、保守契約が最終的にホスティングのみの契約となっておりました。

コンテンツの変更については自由であったため、ご要望の通りに変更致しました。

 

IT担当者退職後、後任IT担当者への引継の中継ぎ

1人のIT担当者にサイト運営に関わる全業務を任せていたが、急に退職となり、情報を精査してほしいとのご依頼でした。
基本的にすべて自社調達なので権利関係はクリアでした。
アカウントや契約の情報をリスト化して後任の方に引継ぎました。

全幅の信頼というのはとても光栄なことであり、最大の評価の方法だと思いますが、不慮の事故や不可抗力というものもございます。
裁量を与えるのは良いでしょうが、「管理」という組織の責任を放棄してはいけません。

 

独自開発システムの調整

独自開発のCMSで運営していたら、開発者が多忙になったため頼めなくなったという内容のご依頼でした。
開発者の方の許可が得られたので対応致しました。
確かに独自開発ではありましたが、非常にわかりやすい構造で丁寧に作られていたため、ご要望の通り、一部機能の追加、コンテンツの変更を致しました。

この件は、契約トラブルではございませんが、外注での独自開発の場合、開発者以外に対応できる事業者が少ないというリスクがございます。
ただ、独自開発の利便性も高いので、メリットデメリットを精査して、非常時に備えておきましょう。

 

利用規約違反によるアカウントの停止

規約違反によるアカウントの停止については技術的にどうすることもできません。
心当たりがない場合はアカウントの乗っ取りなどを調査したり、直接問合せをしましょう。

そうでない場合は以後気を付けましょう。

 

もしトラブルになったら

まずドメイン

なによりまずはドメインのコントロールを得ることです。
ドメインさえ自社の管理下にあれば、コンテンツやメールアカウントを新規に設定することは可能です。

 

次にバックアップ

メールアカウントが生きているうちにメールのバックアップを済ませましょう。
サーバ内のデータが直接取得できるならバックアップしましょう。
ECサイトなら、顧客情報はデータベースにあるはずです。取り忘れに注意しましょう。

サーバ内のデータが直接取れない場合は、ブラウザやツールなどで全ページのテキストやコンテンツをコピーしておきましょう。
ソース、スクリーンショット、単純コピーが全部そろっていると後で楽です。

 

権利関係、技術的な面、双方で相談、問合せ

IT分野のトラブルの場合、一般的な契約以上に技術的な面の解決を考慮しなくてはいけません。
また、技術的な面だけの解決のみを考慮して、権利関係の解決を後回しにすることもよくありません。

 

お困りのことがございましたら、ご相談ください。